週4日勤務や「水やり休暇」も。マイファームでは働き方を自分で選ぶ

週4日勤務や「水やり休暇」も。マイファームでは働き方を自分で選ぶ(求職者向け)

新しい働き方の制度や独自のカルチャ―を持つ企業を紹介するこの企画。今回は「自産自消できる社会」を目指し、さまざまな形で農ある暮らしの実現を手伝う、株式会社マイファームをご紹介します。

株式会社マイファームとは

株式会社マイファームの「私たちのビジョン」
▲「自産自消」が当たり前の社会を目指すマイファームさんのビジョン(同社ホームページより)

株式会社マイファームは、「自分たちでつくり自分たちで食べてみること」を意味する「自産自消できる社会」を掲げ、さまざまな農にまつわる事業を展開しています。

農作物を育てる楽しさを体感してもらう入口となる農業体験や、より農への理解を深めるための学びの場づくり、さらに、生産者・農業従事者のサポートなどを行っています。

創業は2007年。代表取締役の西辻一真さんが、農をとりまく現状を見直し、矛盾を正したいという思いから起業しました。

西辻さんは、幼い頃から野菜づくりと植物採集に没頭するような少年でした。その後、後継者不足から農家が減り、使われない農地が増えている現状や、社会の中で農や野菜の存在があまりにもぞんざいに扱われている現実を目の当たりにし、もどかしい想いを持ち続けていたといいます。

また、農作物を作りたい人がいても、農地や技術がないため新たに農の道に進むのが難しいという課題もあり、障壁のハードルを少しでも下げたいと、今の事業を創り出しました。

会社名 株式会社マイファーム
住所 京都府京都市下京区東塩小路町607番地辰巳ビル1階
事業内容 ・耕作放棄地の再生及び収益化事業
・体験農園事業(貸し農園、情報誌の発行)
・農業教育事業(社会人向け新規就農学校、農業経営塾)
・農産物生産事業および企業参入サポート
・流通販売事業(農産物の中間流通・通信販売)
設立 2007年9月26日
公式ページ https://myfarm.co.jp/
働き方 フレックスタイム制
リモートワーク可能(「働きかた選べる制度」で働く時間や場所を自分で選択)

株式会社マイファームには、農業経験の有無を問わず、「自産自消できる社会」に共感したメンバーが集まっています。会社では働きやすい環境づくりに力を入れており、メンバーはリモートワークを中心としながら、自分たちがやりたい働き方で活躍しているそうです。

今回は、広報担当の松嶺さんと、2度の育休復職経験がある岩本さんに、事業成長や働き方について伺いました。

本日お話を伺った方
株式会社マイファームの松嶺仁宏さん

株式会社マイファーム
かぜユニット・ユニット長

松嶺仁宏さん

株式会社マイファームの岩本伊代さん

株式会社マイファーム
かぜユニット兼水やりユニット

岩本伊代さん

「自産自消できる社会」を目指し、多面的な事業を展開

株式会社マイファームの体験農園の講習会の様子
▲マイファームさんの事業の1つである「体験農園」の様子

編集部

はじめに、マイファームさんの事業について、ご紹介いただけますか?

松嶺さん

弊社は「自産自消できる社会」を作ることをビジョンに置き、創業以来ずっと「人と自然」「人と農の距離」を近づける活動をしております。

社会を作ることを目指していますので、人々の行動変容を起こすことが大事になってきます。そのため、ご飯を食べる時間、趣味の時間、働く時間など、人々のさまざまな生活シーンにタッチポイントを置いた事業を行っています。

まずは体験農園事業からスタートし、趣味で農業を楽しんでもらおうと考えました。そこで「農業を仕事にしたいな」と思った方々に対し、農業を学ぶ学校を用意しました。そこから派生し、いわゆる農業教育事業を行っています。大人向け、農家さん向け、大学生や高校生向けなどさまざまな人向けがあり、今は子ども向けの教育の場もつくっていこうとしています。

次に、食べるシーンです。既存の農家さんや、先ほどの学校を卒業して農家さんになられる方々の支援のほか、通販事業と流通系の事業を行っております。これは生活者の皆さんに「お腹がいっぱい」になるだけではなく、「心もいっぱい」になる食事をとって欲しいという考えからです。

もう1つ、法人や自治体と連携した事業も行っています。これら各事業部がぐるぐると循環することで、生活者に対していろんなタッチポイントを持ちながら、社会作りをしている、というのがマイファームです。

編集部

マイファームさんでは、「農」に対してさまざまな面から事業を展開されていることがよくわかりました。法人や自治体との連携ではどのような取り組みがあるのでしょうか?

松嶺さん

例えば、株式会社ツムラさんとの取り組みがあります。ツムラさんは漢方などに含まれる生薬の原料を海外から輸入もしていますが、マイファームと共に国産化のプロジェクトも進めています。国内で生産するための技術開発をしたり、生産してくれる農家を探したりしています。

他には、ソーラーシェアリングにもチャレンジしています。太陽光パネルを畑に設置し、その下で農業をできるようにするものです。同じ畑で使用する電気も「自産自消」を目指します。こうした新しい農業の形は、まずはマイファームが法人とプロジェクト形式で行い、ある程度形になったら、農家さんができるようにと考えています。

また、行政では農林水産省からのお仕事を受託し、農業界で女性が働きやすい環境作りを進める取り組みも行っています。

バックオフィスの役割を植物の世話になぞらえたユニークな部署名

編集部

松嶺さんの所属は「かぜユニット」と、組織名がユニークですね!マイファームさんの部署名の意味や込められた思いについて、教えていただけますか?

松嶺さん

弊社は現場の最前線である部署を、ヒトユニット、モノユニット、コトユニットと呼んでいます。これらの部署は、植物でいうところの花や実みたいな存在です。これに対し、我々の広報PRやIRといった部門は「風を送る役割」という意味で、かぜユニットと呼んでいます。

私たちかぜユニットは、社内に風を送ることで花や実が病気にならないようにしたり、風を外部に送ることで花粉を届け、他の場所で実が結実できるようにしたりする仕事をしています。同じように植物になぞらえて、人事・総務部門は水やりユニットと呼んでいます。

編集部

「人と農、人と自然の関係をもっと身近に」というマイファームさんの思いが部署名にも反映されているのですね。

■理念や事業内容が動画でわかる会社紹介はこちら
株式会社マイファーム会社紹介動画

創業の2007年から毎年120~140%の成長を維持

株式会社マイファームが行う農業学校受講生の集合写真
▲マイファームさんでは農業を志す人たちに向けて「農業学校」を開講している

編集部

続いて、マイファームさんの事業成長について伺います。創業からの成長率などについて教えていただけますか?

松嶺さん

ここ3年間での平均成長率は、140%を超えるぐらいの数字になっております。2007年の創業以来、おおむね120~140%くらいの成長率でずっと上がってきています。いわゆるベンチャー企業の急激な成長というカーブの仕方ではなく、着実に上がってきているのがマイファームの特徴です。

編集部

16年目に入られますが、年々、着実に事業成長されているのですね。事業の今後の展望はどうお考えでしょうか?

松嶺さん

成長のスピードは、あくまで自然の成長のスピードと人の成長のスピードに合わせていきます。事業を急成長させて、上場したり、資金調達をしたり、会社を他の大きな会社に売ったり、ということは考えていません。

編集部

マイファームさんでは「早く行きたいなら一人で行きなさい、遠くに行きたいならみんなで行きなさい」という言葉を大切にしていると、ホームページで拝見しました。こうした考えに基づいているのですね。

松嶺さん

はい。アフリカのことわざです。私たちが大切にしているこの信念のもと、社員、メンバー、全国にいる仲間とともに、新しい社会づくりにチャレンジしていきます。

生活者に対して複数のタッチポイントを持っていることが強み

株式会社マイファームが行う農業学校の卒業式の様子
▲「農業学校」の卒業式の様子

編集部

マイファームさんが15年以上事業成長を続けられた要因はどこにあるのでしょうか?

松嶺さん

1つは、時代が求めているものをちょっと前に早めに始めている、という点だと思っています。例えば、創業時に始めた体験農園の事業です。当時は体験農業という事業はまったく世の中には浸透していませんでした。あったとしても、市民農園という形で、費用は年間5,000円~1万円程度のものでした。

そんな中、私たちの体験農業はアドバイザーがついたり、必要な道具も揃っていたりするので、月5,000円、年間では6万円くらいするものでした。「法外な価格だ」「あり得ないビジネスモデルだ」と、農家さんたちから言われたこともありました。

しかし、都市圏に住んでいる方のニーズを掘り起こし、認知度が上がっていきました。現在、全国に120カ所以上ある農園は市街地からアクセスしやすく、道具などの準備も不要なので、気負わず、無理なく通い続けられると好評です。

編集部

体験農園は時代のニーズを先取りしたものだったのですね。マイファームさんでは、体験農園以外に複数の事業を行っています。これらの効果もあったのでしょうか?

松嶺さん

はい。時代の変化に合わせ、さまざまなタッチポイントを作ってきたことも、成長要因だと思っています。

例えば、東日本大震災があった時には、皆さん、放射能汚染に危機意識を持たれたりして、体験農園の事業は落ち込みました。その時に頑張ってくれたのが、教育事業や流通事業です。

一方、最近の社会情勢により外出自粛が続いたタイミングでは、通販事業がとても伸びました。1年くらい経って少し状況が落ち着いてくると、下がる傾向も見られました。しかしその分、体験農園が大変伸びました。人気農園では今もキャンセル待ちが出るほどです。このように事業のバランスが取れているところは弊社の強みです。

編集部

体験農業でマイファームさんを知った方が、その後、通販事業を利用するということもありそうですね。

松嶺さん

その通りです。生活者が農や自然と触れ合うといったキーワードで行動する中で、マイファームはずっとタッチポイントを持ち続けています。そのため、専門用語で言うと、ライフタイムバリュー(顧客生涯価値)(※)を上げられるのです。
(※)顧客1人がその会社に対して、生涯どのくらい利用するのかを算出する指標。成熟市場においては、既存顧客に継続してサービスを利用してもらうことが重要視されるようになった

編集部

マイファームさんは多面的な事業を循環させることで成長可能なビジネスモデルを作りながら、「自産自消」のできる社会を目指していることがわかりました。

株式会社マイファームの体験農園の農園の様子
▲マイファームさんの「体験農園」は時代のニーズを先取りして開始した

「働きかた選べる制度」により、時間や場所は自分で決める

株式会社マイファームの岩本伊代さん
▲働き方の柔軟性について話す岩本さん。自身も2人の子どもの育児と両立中

編集部

ここからは、働く皆さんの働き方やワークライフバランスについてお聞きします。マイファームさんでは柔軟で働きやすい環境づくりに力を入れているそうですが、具体的に教えていただけますか?

岩本さん

社員は「働きかた選べる制度」により、働く時間や場所を自分で選択できます。フレックスタイム制の勤務をベースに、「リモートワークが中心」「週4日勤務」「時短勤務」など、1人ひとりがライフスタイルやライフステージに合わせて選んでいます。

編集部

とても柔軟な制度ですね。こうした働き方を取り入れた背景を教えていただけますか?

岩本さん

農業系のベンチャー企業ですので、メンバーの仕事場所はバラバラです。現場仕事の場合、「雨が降ったら仕事ができない」「晴れたら草刈りに行かなきゃいけない」といったように、時間帯も一定ではありませんでした。

そのため、みんなが固定の時間や場所で仕事するというスタイルが元々難しかったんです。そこで、マイファームでは社会にリモートワークが普及する前から、テレワークを取り入れていました。

編集部

先進的にテレワークを取り入れていたのですね。週4日勤務などの働き方は、育児中の方のために作られたのでしょうか?

岩本さん

それももちろんありますね。代表の西辻自身も幼い子どもがいて、育児をしながら社長業をしています。また、社員の男女比はほぼ半々ですので、育児中のスタッフも含め、個人個人のライフスタイルに合わせて仕事ができる環境づくりを目指してきました。

その中で、育休を3年間取得できる制度や時短勤務、週3日・週4日の勤務などを取り入れ、それぞれの希望に柔軟に対応しながら、ライフステージが変わればまた希望を聞いて調整するというような体制が整えられました。

最近では3ヵ月の男性育休の取得例もあります。男性、女性、育児中であること等にかかわらず、その人が希望する働き方を実現できるような環境の整備を続けています。

自分のやりたいことを実現するためのワークライフバランス

株式会社マイファームの松嶺仁宏さん
▲松嶺さんはマイファームと地元の地域おこし活動のダブルワークスタイルで働いている

編集部

いま、週3日や週4日勤務をしている方はどのくらいいらっしゃるのですか?

松嶺さん

私も週3~4日勤務ですし、岩本も週4日勤務ですね。週4日勤務の者が5~10人ほどいると思います。

編集部

岩本さんは2人のお子さんの子育て中だからかと思いますが、松嶺さんが週3~4日勤務とされているのはどういった理由からなんですか?

松嶺さん

私は地元が九州でして、地元の地域おこし活動に関わりたいという想いを持ち続けていました。30歳前にそれを叶え、今はダブルワークのような状態で働いています。マイファームの仕事を週3日しながら、それ以外の時間はプロボノ(※)として地元の企業を手伝っています。
(※)職業上のスキルや経験を活かして取り組む社会貢献活動

また、私は兼業農家の生まれで、実家には田んぼも畑も山もあります。実家の田植えの手伝いに帰ったりもしています。

編集部

そうなんですね。マイファームさんでは、育児のためだけのワークライフバランスではなく、ご自身のやりたいことを実現するためのワークライフバランスも大事にされているのですね。

松嶺さん

そうですね。その特徴は大きいと思います。子どもがいる人だけが時短を取れるのではなくて、誰でも取れます。社内には子育てのためにワークライフバランスを図る人ももちろんいますが、自分のやりたいことをやるためにワークライフバランスを取る人は本当に多いですね。

広島のリンゴ農家の長男が、リンゴの収穫シーズンに2週間ぐらい実家に帰っていたこともあります。日中はひたすらリンゴの収穫をし、夕方からマイファームの仕事を始めるといった働き方をしていました。

編集部

マイファームさんには自由度の高い働き方があるおかげで、社員一人ひとりのやりたいことが実現できていることがわかりました。

農業や自然に触れる、年間10日間の「水やり休暇」も

水やり休暇を利用して農家の手伝いに行った株式会社マイファームのメンバー
▲「水やり休暇」を利用して農家の手伝いに行ったメンバー

編集部

福利厚制度で「水やり休暇」というユニークな制度も拝見しましたが、これはどのような制度なのでしょうか?

岩本さん

社会に飛び出して新たな気づきを得てもらうための休暇です。年間の有給休暇とは別に、年間10日間まで、有給で取得できます。

編集部

マイファームさんらしい独自の休暇制度ですね。実際に皆さん、どのようなところに行かれるのでしょう?

岩本さん

例えば、仕事で関係を持った親しい農家さんの繁忙期にお手伝いに行くときに「水やり休暇」を使っています。また、関連会社や取引先が経営するレストランに、繁忙期の応援としてお手伝いに行くこともあります。農や自然に触れる場であれば、基本的にどこに行ってもOKです。

編集部

知り合いの農家さんとの関係を深めたり、新しい場で新しい気づきを得たり、さまざまな実りがありそうですね。

半期に一度、全員の前でプレゼンし、成果や目標を共有する

株式会社マイファームの半期に一度の全社員プレゼン
▲半期に一度、2日がかりで行う全社員プレゼンの様子。社員のモチベーション源にもなっている

編集部

自由度の高い働き方をするマイファームさんでは、評価はどのようにされていますか?

岩本さん

半年に1度、自己評価を行い、上長との面談をします。さらに、社員全員が参加するプレゼン会で、半期の成果や次の目標を一人ひとりが発表します。これらの個人評価と事業部の評価、会社業績等を加味して、昇給や賞与が決まります。

編集部

プレゼンでは全員が発表されるのですか?

岩本さん

はい。全社プレゼンは半期に一度オンラインで行っており、1人10分の持ち時間で、そのうち7分はスライドを使って発表し、3分は質問タイムです。正社員メンバーは70人くらいいますので、丸2日間かかります。

編集部

濃い2日間なのですね。皆さんの反応はいかがですか?

岩本さん

普段はリモートワークなので、みんなの仕事の様子を見ることができません。だからこそ、丸2日かけてでもこうしたプレゼン会をやるのはいい機会になっています。

松嶺さん

準備も当日もとても大変なのですが、みんな終わった後のモチベーションアップ度合いがとんでもないです!

プレゼンした後にサンクスカードという感想や激励のメッセージをみんなからもらえるんです。これを見ると、「また半期、頑張ろう」と思えますし、自分が言葉に出してプレゼンをすることで次の目標の意識づけにもなっています。

編集部

半年に1回、自分を振り返り、同僚からの刺激や感謝を受けるという場は、とても良い効果があるのですね。

現場が一番上の逆ピラミッド組織。風通しの良さが特徴

株式会社マイファームの学校事業の実習農場に集まったメンバーたち
▲学校事業の実習農場に集まったメンバーたち

編集部

最後に採用についてお伺いします。マイファームさんで働くことに興味を持った方に向けて、働く場としての魅力を伝えていただけますか?

松嶺さん

弊社は海外も含め、北海道から沖縄まで日本全国に拠点があり、自社の農場も持っています。土に触れたい人たちにとっては、好きなところで働ける環境があります。

また、この規模にしては、社長との距離がとても近いことも魅力です。マイファームの組織図は、逆ピラミッド形式なんです。「現場」が一番上にあり、次に広報などの「バックオフィス」、そして根っこに「役員」がいます。一番下が「社長」です。

編集部

逆ピラミッド組織ならではの意思決定の特徴はありますか?

松嶺さん

普通の会社だと、社長に話をするにはずっと上へ上へと組織を上がっていく必要がありますが、うちの場合はそのようなことはなく、社長と直接話すことができます。風通しの良さはあると思います。

また、先ほどプレゼンでみんなが次のチャレンジを発表するとお話ししましたが、その後はチームで各メンバーのチャレンジを集約し、部署の目標や戦略を作ります。会社はそれらを全部まとめて、3年計画や戦略にしていきます。

編集部

現場社員のやりたいことが集約されて、会社の戦略や事業計画となっていくのですね?

松嶺さん

そうです。つまり、社員本人がやりたいと言ったことに対してきちんとコミットしてもらわないと、全体が崩れていくという面も持ち合わせています。本当にやりたいことがあり、その責務を果たせるのであれば、マイファームは自由で働きやすい会社だと思います。

採用基準は「素直・元気・勤勉」であること

編集部

マイファームさんが採用で重視していることがあれば、教えてください。

松嶺さん

採用基準は「素直・元気・勤勉」の3つです。

自分自身が本気でやりたいことに向き合い、相手に対しても率直に意見を述べられる素直さがあること、変化を恐れず、改善を続けるエネルギーや元気があること、そして、職務に対して自発的に、習慣的に、取り組むことができる勤勉さがあること。この3つが、働く上での基本資質と考えています。

もっとも重視するのは、本人の「やりたい!」という気持ちです。「やりたい!」という気持ちがある方には、チャンスはいっぱい巡ってくる会社です。

編集部

松嶺さん、岩本さん、本日はありがとうございました。

メンバーの多様性を重視するマイファームさんでは、働き方も仕事に対する意思も1人ひとりの意見や気持ちが尊重されていることを感じました。マイファームさんのビジョンや組織・事業に興味を持った方は、下記もご覧ください。

■取材協力
株式会社マイファーム:https://myfarm.co.jp/
採用ページ:https://myfarm.co.jp/recruit.html