全国からジョインOK!ツバイソ株式会社の若手を育てる業務の「SIKUMI化」とフレキシブルな働き方

全国からジョインOK!ツバイソ株式会社の若手を育てる業務の「SIKUMI化」とフレキシブルな働き方(求職者向け)

若手社員の活躍の背景にある企業の取り組みや働き方を紹介するこの企画。今回はベストプラクティスとプロセスオートメーション技術により、日本企業の生産性、人材不足問題を解決する新しい概念の統合基幹システム「RobotERP®ツバイソ」を開発するツバイソ株式会社を取材しました。

日本企業の生産性、人材不足をRobotERP®技術で解決するツバイソ株式会社

ツバイソ株式会社は、RobotERP®技術により「RobotERP®ツバイソ」を開発するテクノロジー企業です。RobotERP®ツバイソ事業は、2006年からグループ会社でスタートし、2015年1月にはツバイソ株式会社を設立。ツバイソ事業に事業リソースを集中投下し、成長させています。

同社が開発した統合基幹システム「RobotERP®ツバイソ」は、新しい概念の統合基幹業務プラットフォームとして注目を集め、企業の生産性向上に特化したERP製品として高い評価を得ています。会計、業務、内部統制、ITに習熟したコンサルタントが企業が抱える課題を体系的ノウハウにより開発したパッケージシステムと運用改善、カスタマイズにより、解決へと導きます。

会社名 ツバイソ株式会社
住所  東京都渋谷区幡ヶ谷2-6-5 梅村ビル幡ヶ谷6階
事業内容
  • RobotERP®(統合基幹業務システム)の開発
  • 会計、業務、システムに関するコンサルティング
設立 2015年1月(ブルドッグウォータ株式会社のツバイソ事業を会社分割により設立)
公式ページ https://tsubaiso.jp/
働き方 フルリモートワーク

多くの日本企業が抱える生産性、人材不足の本質的問題を個別対応ではなく、体系的なノウハウと技術に基づく仕組みで解決することをミッションとするツバイソ株式会社は、平均年齢30代のフレッシュな技術集団です。20代の若手社員も活躍する同社の人材育成や、ワークライフバランスの取り組みについて、取締役の地主晋弥さんにお話を伺いました。

本日お話を伺った方
ツバイソ株式会社マネジメント・コンサルティング部取締役地主晋弥さん

ツバイソ株式会社
マネジメント・コンサルティング部
取締役

地主晋弥さん

RobotERP®技術で自律的運転を実現する「RobotERP®ツバイソ」を開発

編集部

ツバイソさんのメイン事業「RobotERP®ツバイソ」は、グループ会社でスタートして現在に至っていると伺っております。現在の御社との関係性や沿革についてお聞かせください。

地主さん

当社の設立は、グループ会社のブルドッグウォータが2006年にクラウドコンピューティングやSaaSという言葉がまだ日本では使われていない黎明期に、「ruby on rails」でクラウドネイティブの統合基幹システム(ERP)を開発し、「ツバイソ事業」を開始したことがルーツとなります。

その後、基幹システム「ツバイソ」の成長を加速させることを目的にブルドッグウォータから会社分割というかたちで、2015年1月にツバイソ株式会社を設立し、今は2社のグループ経営となります。

編集部

なるほど。分社化後、ツバイソ事業はどのように発展していったのでしょう。

地主さん

その後、ベストプラクティスとプロセスオートメーション技術により機能拡充した「RobotERP®ツバイソ」は他のERPと大きく差別化され、お客様に高く評価していただいています。AWS、Salesforceなどの日々進化する最新テクノロジーも継続的に取り入れ、業界をリードしていると自負しています。

「RobotERP®ツバイソ」を導入することで、販売、購買、制作などのプロセスに加え、配員・工数管理、取引先管理、与信管理、原価計算、管理会計、フォーキャスト、債権債務管理、財務会計、ワークフロー、電子取引(WEB-EDI)などあらゆる基幹業務プロセスをベストプラクティスに改善、統合、一元化、高い生産性向上を実現し、今後、日本でますます深刻になる人手不足の解消に大きく役立つと思います。

管理業務の自動化と柔軟性に優れた「RobotERP®ツバイソ」

編集部

統合基幹システム「RobotERP®ツバイソ」は、「ITreview Grid Award(※)」のERPパッケージ部門で、13期連続でアワード受賞という快挙を成し遂げられたと伺っております。システムの優位性や、評価のポイントについてお聞かせいただけますでしょうか。
(※)ITreview Grid Award:アイティクラウド株式会社が運営するITreviewに投稿されたレビューをもとに四半期に一度ユーザーに支持された製品を表彰するアワード

地主さん

まず、強みとして挙げられるのは、管理会計がしっかりしているシステムということです。企業は、実行した経営戦略についてマーケットからの評価を管理会計を用いて分析します。しかし、管理会計の理論体系に基づいて、詳細で多次元に、かつ将来の予測値を自動的に生成することは非常に難易度が高く、多くの企業の課題でした。

「RobotERP®ツバイソ」は、社員が通常の業務を行なうだけで、システムがバックグラウンドで自動的に管理会計の数字を生成します。また、システム化するだけでなく、どのような管理会計を生成すれば有意な分析が行えるかというノウハウも手にいれられることが、高い評価に繋がっているのだと思います。

もう1点が拡張性です。Salesforceプラットフォームを含む「RobotERP®ツバイソ」は、ノーコード、ローコードでお客様固有のカスタマイズ、自動化を行うことができます。どの会社にも有用なベストプラクティスで経営の根幹を固め、会社ごとの小さなカスタマイズでフィット、機能拡張させることができます。

編集部

なるほど。既存のERPシステムを超える管理会計機能の新規性、ベストプラクティスと企業ごとの機能へのフィットというジレンマの部分を、「RobotERP®ツバイソ」は解決できるというわけですね。

平均年齢30代。全てのプロセスに携わることで成長を後押し

編集部

著名なアワードを13期連続で受賞するなど、成長著しいツバイソさんですが、現在、どのような組織構成で、どのような役割のメンバーが在籍されているのでしょう。平均年齢と合わせてお聞かせいただけますでしょうか。

地主さん

コンサル部門、システム開発・運用部門、管理部門で構成されています。平均年齢は30代となっており、20代の若手のコンサルタントやエンジニアも多く活躍しています。

編集部

ツバイソさんの若手社員が活躍できる理由とはどこにあると思われますか?

地主さん

基幹システムの導入プロジェクトは、非常に難易度が高く、業界経験、職種経験の長い人材がプロジェクトの主力メンバーとして求められることが一般的です。

その理由はさまざまありますが、例えば、大企業向けのERPの場合、ビジネス要件が複雑で機能追加をすることが多くなります。すると、必然的にプロジェクト規模が大きくなり、数十人、数百人といった関係者がいることも少なくありません。

このような場合、開発する機能範囲や利用モジュールごとに担当が割り振られるため、専門性が特定の領域に偏り、若手がプロジェクト全体に関わることは難しくなります。これに対し、中小・中堅企業を主なターゲットとしている当社はプロジェクト規模が平均的に小さいため、最初からプロジェクト全般を経験することができます。

編集部

なるほど。プロジェクトが小規模だからこそ、若手社員は上流から下流まで、全てのプロセスに携わりながら、専門性の高いスキルを身につけられるというわけですね。

プロダクトを体系的に理解できる充実の研修制度

編集部

御社が提供する統合基幹システム「RobotERP®ツバイソ」は、コンサルティングやシステムエンジニアリングスキルに加え、ビジネスプロセスや内部統制、会計などの知識も必要になると思われます。そのようなスキルはどのように身につけることができるのでしょう。

地主さん

当社が提供しているプロダクトへの理解を通し、体系的に重要性の高い専門領域のスキルを早く習得することができます。このような環境が若手が活躍しやすいバックグラウンドになっていると思われます。

当社のERP関連商品のラインナップが充実してきたことで、ここ最近は半年以内で完遂するプロジェクトが増えています。標準機能のみERPをご利用いただく企業様の場合、導入支援がなくても運用が可能です。そこで当社が力を入れているのが、プロダクトを理解するためのマニュアルやチュートリアル等のコンテンツの充実です。

研修時でもそうしたコンテンツを使用し、理解度テストなどを実施しながらプロダクトの全体像を把握することに早くから取り組んでいます。また、コンテンツ制作のプロジェクトに関わったり、製品テストを通して機能やプロセスの理解を促しています。

入社1年以内の若手がリーダーとして活躍するツバイソのプロジェクトチームや開発チーム

編集部

若手社員の活躍を表す、具体的なエピソードがあればぜひお聞きしたいです。

地主さん

エピソードとしてすぐに思い浮かぶのは、入社1年以内の20代のメンバー、キャリア採用の2名です。

1名は、プライムで上場している会社のプロジェクトに急遽参加することになり、稼働前の重要なデータを移行する大きな作業を担当しました。もちろん、経験豊富なメンバーが指導にあたったのですが、メインメンバーの一員としてタスクを完成するに至りました。

前職はSESで、現場で実務経験を積みたいという理由で当社にジョインしたこともあり、前向きに取り組んだことが急速な成長につながったと思われます。

もう1名は新卒でSIerに入社、2年程度経験後に当社に転職したメンバーで、最近もソフトウェア開発やSI事業を展開する企業のプロジェクトが始まったのですが、実質的にはリーダーとして進捗管理やミーティングの進行などを任せています。

編集部

入社1年以内の若手社員が実質的にリーダーとして活躍しているように、ツバイソさんでは若手にどんどん責任あるポジションを任せていく方針なのでしょうか?

地主さん

おっしゃる通りです。コンサル部門を例に挙げると、プロジェクトが増えれば増えるほど、マネジメントや進行担当できるリーダークラスが必要になっていきます。

また、私が責任者を務めている開発部門の場合は、チームメンバーを取りまとめる者がいなかったのですが、マネジメントの資質があると判断した入社ちょうど1年の20代前半の若手エンジニアを、シニアクラスのポジションに抜擢しました。

まだ小さい組織であるため、責任あるポジションが空いていることも、成長意欲の高い社員にとって魅力的な環境だと思います。

編集部

稼働前から実際の運用まで一貫してプロジェクトに携われるツバイソさんの業務は、若手にとって非常に魅力的であり、やりがいにもつながっていると感じました。

早い段階でSalesforceの認定資格を取得。お客様からの信頼やプロフェッショナルとしての自信につながる

編集部

先ほど伺ったキャリア採用の3名の社員も含め、ツバイソさんにジョインしたメンバーから率直な感想など地主さんの耳に届いていることがあれば、お聞かせいただけますでしょうか。

地主さん

毎月面談をしているのですが、入社前と後でのギャップはないと把握しており、楽しみながら業務にあたっているように感じます。

当社の製品は、Salesforce上で提供してるので、Salesforce社の認定資格の取得を会社からも推奨してるのですが、入社数ヶ月で合格するなど、資格学習にも積極的で頼もしいです。社外でも認知度の高い資格で、スキル保有の裏付けとなり、コンサルタントやエンジニアとしてお客様から信頼を得るための一つのツールとなると思います。

キャリア形成にもつながりますし、プロフェッショナルとして仕事をする上で自信につながると感じます。

オンラインツールをフル活用したビジネススタイル

ツバイソ株式会社のweb会議の様子

編集部

続いて、ツバイソさんのワークライフバランスへの取り組みについて伺います。御社の勤務スタイルはどのようになっているのでしょうか。

地主さん

ほぼ全ての社員が在宅勤務となっています。管理部門に関しては月に2回ほど郵便物の対応で出社することがありますが、それ以外の全ての業務はフルリモートワークができる環境を整えています。

ツバイソ株式会社のリモートワークの様子

地主さん

このような体制になったのはコロナ禍がきっかけではありましたが、コロナ禍以前に外国籍のエンジニアを採用した際、自国への帰国の際にリモートワークをしたいという要望を受け、一部の開発部門に関してはリモートワークを導入していました。結果、在宅でも業務に支障がないことがわかり、現在は全面的にリモートワークに切り替えています。

編集部

ミーティングや顧客との打ち合わせも、基本的には全てリモートで行っているのでしょうか?

地主さん

コンサルチーム、開発チーム、管理部門など、チームごとに常設のWeb会議室を用意しており、以前の出社勤務同様、いつでも関係者と口頭で会話ができる環境で業務にあたっています。

お客様に関してもリモートワークでの対応を前提としており、オンラインツールを活用することで全国のお客様に対してサービス提供が可能となりました。

編集部

フルリモートワークの場合、業務の進捗具合やタスク管理などはどのような工夫をされているのでしょう。

地主さん

オンラインのコミュニケーションに加えて、各自が集中を切らすことなく個々のタスクに取り組めるよう、タスク管理ツールやチャットツールなど、さまざまなビジネスアプリケーションを活用してテキストベースのコミュニケーションも積極的に図っています。

全国からジョイン可能。地方在住者も活躍

ツバイソ株式会社のリモートワークのイメージ画像

編集部

フルリモートワークを導入されているツバイソさんには、クライアント同様、求職者も全国からジョイン可能なのでしょうか。

地主さん

社員は全国どこにいても勤務可能なので、居住地が限定されず、全国からのジョインが可能です。採用もリモートで行っているので、対面で会っていないメンバーも増えています。居住地を見ると、宮崎、富山などの地方都市の他、以前は中国・上海在住のメンバーを採用したこともありますし、台湾在住の社員もおります。

編集部

日本全国はもとより、世界中からジョインできる環境は、自分らしくキャリアを磨くことができる、素晴らしい環境ですね。

ビジネスの第一線で活躍する人材を育てるツバイソのインターンシップ

編集部

次に、インターンシップ制度について伺います。ツバイソさんではブルドッグウォータさんと合同でインターン生を受け入れていると伺っております。インターン生を受け入れるに至った背景についてお聞かせいただけますでしょうか。

地主さん

社員はプレイヤーとして個々で良いパフォーマンスを出すだけでなく、チームとして機能し、より高いパフォーマンスを出すことを期待する当社は、インターン生を社員がアシスタントとして教育・指導することで、チームとしての仕事の仕方、マネジメントの力を伸ばすことを目的にインターンシップ制度を導入しています。これは、当社のバリューでも明確に表しています。

■ツバイソ株式会社のバリューはこちら!
https://tsubaiso.jp/company/corporate-philosophy.html

インターン生には、入社時にインターンを通してどのようになりたいかをインタビューし、その経験ができるよう支援しています。アプリケーションの開発や製品テストを中心とした業務を経験していただくことが多いのですが、そこで得た成果について、入社当時の目標を振り返りながらインターンレポートとしてブログで発信していただいています。

■ツバイソ株式会社のインターンレポートはこちら!
https://tsubaiso.jp/news/internship/

編集部

ブログを拝読すると、マニュアル制作やテストなど、インターン生でもしっかり業務に関わっていることが伺えます。単なるお仕事体験ではなく、責任ある業務をインターン生に任せるのはどのような狙いがあるのでしょう。

地主さん

当社のビジネスは会計、内部統制、ITの活用が重要であり、これらの専門性で勝負しています。ビジネスパーソンとして極めて汎用性の高いスキルが求められるため、学生のうちからこのような分野の業務に関わることは、キャリア形成に非常に有益であると考えます。

優秀な学生は純粋に戦力として貢献してくれることも期待できますが、ビジネスの第一線で活躍できるプロフェッショナルな人材を育成する一助となることは、社会貢献としても大きな意義があります。そのような学生たちと将来、何らかの形で一緒にビジネスができることは、当社としても嬉しい限りです。

課題解決の「SIKUMI」を作り、インターン生でも活躍できる場を提供

編集部

ツバイソさんのインターンシップに参加する方は、どのような方が多いのでしょう。また、インターン生を支援する取り組みなどがあればお聞かせください。

地主さん

学生を含め、優秀な方が多い印象です。なかには仕事効率のために自ら資格取得にチャレンジする方もいます。そのような意欲が高い方には資格取得に必要な費用を当社で支援しています。加えて、Salesforce社が提供する無料のオンライン学習「Trailhead」の受講や、ツバイソ製品の理解度テスト結果に合わせて仕事を任せることを繰り返し行っています。

“「SIKUMI」で「?(はてな)」を「!(かんたん)」にする”をミッションに掲げる当社は、まだ世の中で解決できていない問題や課題や、そもそも問題であることすら気づいていないことに対し、「SIKUMI(しくみ)」を生み出し、解決することを目指しています。ミッションにも表れているように、仕事は仕組み化、標準化を徹底しており、「誰がやってもできるようにしよう」ということを合言葉に取り組んでいます。

そのため、インターン生でもスムーズに仕事ができるよう、手順などをリスト化し、チェックしながら仕事を進めます。このようなプロセスを重ねることで、インターン生も自然と必要なスキルや効率の良い仕事術を身につけることができます。

技術力とマネジメント力を身につけ、スキルアップを目指したい方を歓迎

編集部

若手が活躍できるツバイソさんの職場環境や、居住地を限定しないフルリモートワークに興味を持った読者は多いと思われます。最後に、転職を検討している読者に向け、御社にフィットする人材や求める人物像など、採用に向けたメッセージをお願いします。

地主さん

私自身、学生時代に業務管理がビジネスのプロセスと密接にあることを知っていれば、もっと早い段階でキャリア形成におけるステップアップができたのではないかと思うことがあります。そのため、当社の業務を若い方に経験してもらうことは、将来のキャリアに必ず役立つはずです。

そのようなチャンスを仕事を通して提供できるのがツバイソという会社です。培った経験を当社のなかで活かしていただければ幸いですが、インターンなどを通してプロフェッショナルを目指す人材のスキルアップにも貢献していきたいと考えています。

編集部

仕事の進め方やマネジメントも含め、プロジェクトの全体像を実践で学ぶことができるツバイソさんは、未来を担うコンサルタントやエンジニアにとって、理想の環境であることを、今回の取材を通して感じました。

本日はありがとうございました。

■取材協力
ツバイソ株式会社:https://tsubaiso.jp/
採用ページ:https://tsubaiso.jp/recruit/