“技術者集団”株式会社タイムインターメディアのエンジニアファーストを体現する優れたWLB

“技術者集団”株式会社タイムインターメディアのエンジニアファーストを体現する優れたWLB(求職者向け)

エンジニアの働きやすさに注力したワークライフバランスが特徴の企業を紹介するこの企画。今回はオープンソース先端技術でネットビジネスを支える株式会社タイムインターメディアを取材しました。

“システムを「生きモノ」としてソリューションする”株式会社タイムインターメディア

株式会社タイムインターメディアは、“システムを「生きモノ」としてソリューションする”を理念に掲げ、オープンソース先端技術により「ITシステムを生み・守り・育てる」をモデル化した成果コミット型ソリューションと高い技術力を提供する企業です。

ブロックチェーンやAIのコア技術開発による新ソリューションや、教育改革促進に向けた教育機関向けICTソリューションを立ち上げ、私立大学、国立大学、国立高専、中学高校、塾などへ提供しています。

会社名 株式会社タイムインターメディア
住所 東京都新宿区四谷坂町12-22 VORT四谷坂町
事業内容
  • eビジネス事業開発およびデジタルマーケティング戦略に関するコンサルティング
  • デジタルメディアにおけるクリエイティブおよびコンテンツ企画・制作
  • ITシステムの企画、設計、構築、運用保守サービス全般
  • 自社製品およびクラウドサービスの開発と提供
  • パズル自動生成エンジンの開発およびパズル問題の提供
設立 1998年4月1日
公式ページ https://www.timedia.co.jp/
働き方 ハイブリッド勤務(出社+リモートワーク)
※エンジニアは裁量労働制

社員の8割がエンジニアのポジションに就く株式会社タイムインターメディアは、エンジニアファーストを体現する支援制度が充実。スキルアップはもちろん、働きやすい環境や制度づくりに取り組んでいます。

そこで今回は、同社CTOの小宮健さんと経営管理本部人事部の上田汐莉さんに、同社が取り組むエンジニアのワークライフバランスを中心にお話を伺いました。 

本日お話を伺った方
株式会社タイムインターメディアCTO小宮健さん

株式会社タイムインターメディア
CTO

小宮健さん

株式会社タイムインターメディア経営管理本部人事部上田汐莉さん

株式会社タイムインターメディア
経営管理本部人事部

上田汐莉さん

システム視点を 「モノ」から「生きモノ」へと転換するタイムインターメディア

編集部

ハイレベルな技術力を持つことで知られるタイムインターメディアさんですが、はじめに、御社の企業理念についてお聞かせいただけますでしょうか。

小宮さん

当社はコンセプトとして、「システムライフソリューション」という言葉を独自に定義しており、システムを「生きモノ」としてソリューションすることを理念としています。

ソリューションを単に「生む (企画・構築) 」だけの視点では捉えず、生み出した後の運用フェイズに入ってから「育てる」ための永続するプロセスを大切にしています。この思いは「生み、守り、育てる」という当社のキャッチコピーでも表現しています。

「生み、守り、育てる」を体現する3つの事業を展開

編集部

タイムインターメディアさんが手がけられている案件や事業の特徴についてお聞かせください。

小宮さん

大きく分けて3つの事業部があります。1つはシステムライフソリューション事業部という部署で、一般的にはシステムインテグレーション(SI)に位置付けられます。幅広いお客様のシステムをサポートしており、中でも長く、大きく支援させていただいているのが動画配信サービス事業者様です。この他にもECサイト開発や、ニュースサイトの作成など、インターネット事業者様を中心に事業を展開しています。

編集部

システムライフソリューション事業部ではSIer事業を中心に手がけられているのですね。2つ目の事業部はどのような事業を手がけられているのでしょう。

小宮さん

2つ目のデジタルイノベーション事業部は普段、われわれがDI部と呼んでいる部署になります。システムライフソリューション事業部同様、SIではあるのですが、違いとしては先進的な技術を使ったシステムインテグレーションをお手伝いしている部署になります。

具体的にはブロックチェーンやAI的なシステムなど、比較的新しい技術を含めたシステム提案と構築を担っています。

編集部

タイムインターメディアさんが提供するサービスの1つ、最適化AIプラットフォーム「TENKEI」もDI部が関わっているのでしょうか。

小宮さん

TENKEIそのもののエンジンは当社の研究開発、産学連携を行う知識工学センターが開発しています。そのエンジンを使ったシステムをDI部が担っているかたちとなっています。

編集部

産学連携のお話が出ましたが、タイムインターメディアさんでは、大学を中心とした教育機関向けICTソリューションを展開していると伺っております。

小宮さん

はい、それを担っているのが3つ目の文教ソリューション事業部です。「学校基幹サービス」、「学内情報活用サービス」、「学校経営支援サービス」、「学内インフラサービス」の4本柱でICT化による学校改革推進の支援を目的に、大学や高専、塾など学術機関向けのパッケージ商品をカスタマイズも含め提供しています。

株式会社タイムインターメディアが提供する教育機関向けシステムのWebAppデモページ
▲教育機関向けシステムのWebAppデモページ

株式会社タイムインターメディアの教育EXPO(EDIX東京)のブース
▲教育EXPO(EDIX東京)には毎年出展

具体的な事例としては受講するシラバスや教員向けのシステムの他、最近では国立大学法人山形大学様向けに開発した大学の情報をワンストップで配信する学生ポータルアプリの開発も手がけさせていただきました。

オープンソースコミュニティへの還元に尽力するエンジニアが在籍

株式会社タイムインターメディアの社員の仕事風景

編集部

タイムインターメディアさんの現在の社員数とエンジニアのポジションに就いている方の人数はどのようになっていますか?

上田さん

社員、業務委託も含め約100名のメンバーが在籍する当社は、そのうち80名を超えるメンバーがエンジニアとして活躍しています。オープンソースコミュニティで中心的に活動する者や、最先端技術についての研究や書籍執筆する者など、高い技術力をもったエンジニアが在籍しているのが当社の強みです。

編集部

小宮さんはGoogleのOpen Source Peer Bonus2017年を受賞されたと伺っております。オープンソースのシステムソフトウェア開発は、御社の特徴の1つと思われますがいかがでしょうか?

小宮さん

オープンソースに関しては各社さまざまなことをやられているので、特徴と言えるほど自信はないのですが、当社はオープンソースがまだそれほど浸透していない2000年代当初からオープンソースを使った開発をしてきました。

単に使うだけではなく、コミュニティへの還元を掲げている当社は、開発をする中で課題や問題点が見つかれば、フィードバックをします。私を含め、メンバーによってはプライベートでオープンソースコミュニティに参加し、活動している者もいます。

編集部

なるほど。タイムインターメディアさんに所属しているエンジニアは、技術を独占せずに共有をし、スキルをさらに突き詰めていくことを理念とされているのですね。

多彩なバックグラウンドを持つプログラマー出身のエンジニアが活躍

編集部

高い技術力を誇るタイムインターメディアさんのエンジニアですが、驚きの活躍をしているメンバーのエピソードなどがあればぜひ、お聞かせください。

小宮さん

プロフェッショナルのエンジニアとしては未経験でも、プログラマーとしての実績があるメンバーがほとんどなので、そういった意味では毎年新しい驚きがあります。

大学や専門学校でゲームを作っていたという者や、自分でサイトを作っていた者など、バックグラウンドはさまざまですが、それぞれ何かしらプログラムを書いて楽しんできたメンバーがジョインしているので、「え、そんなことできるの?」と、自分の得意分野以外での発見が楽しいですよ。

編集部

なるほど。それぞれのスキルが集結することで新たな開発のヒントを得たり、お互いを高めるきっかけにもなるのですね。

モットーは「今どきの開発をしよう」。良いものを積極的に取り入れた高い開発効率

株式会社タイムインターメディアの社員の談笑風景

編集部

タイムインターメディアさんの組織の特徴や開発に対する考え方についてお聞かせいただけますでしょうか。

小宮さん

ちょっと説明が難しいのですが、メンバーには「今どきの開発をしよう」と常に声をかけています。昔ながらの開発は、手間をかけてルールを決め、運用で何とかしようとすることが多かったのですが、ここ15年に関してはやはりオープンソースやコミュニティといったところで自動化やツールが提供され、開発にとって良いものが一般化されています。

当社の規模は中小であり、四角四面のSIerなので、大手のように稟議を通してから開発に着手するのではなく、フットワークを軽くして良いものをどんどん取り入れていこうというカルチャーを大切にしています。

目新しい何かをやっていますということは正直あまりないのですが、世間一般で良いとされているものはどんどん取り入れて開発効率を上げ、世の中に便利な開発をしていきたいと考えています。

若手エンジニアの意見を積極的に採用

編集部

良いものを積極的に取り入れているとのことですが、現場のエンジニアの意見を取り入れることも多いのでしょうか?

小宮さん

上層部が技術選定をするだけではなく、プレイヤーである若手エンジニアからも「これを使ってみよう、やってみよう」という声が上がり、採用されることが多々あります。

わかりやすい例では、AI開発支援ツール「GitHub Copilot」に関して、Slackの目安箱というチャンネルに「Copilotを使っていいですか?」という提案があり、使いたい者がパイロット版を先行導入しました。同時進行でルールを整備し、実際に使って便利であることがわかったので予算を割り当て、使用申請をしたら誰でも使えるような仕組みを作りました。

編集部

若手からの声が採用につながることが多いことからも、ポジション的に発言を控えたり、提案しづらかったりという組織ではなく、自由に垣根なく何でも話すことができる雰囲気が感じられます。

スキルアップのための費用は全て会社が負担

編集部

転職を検討しているエンジニア志望の読者にとって、入社後どのようにスキルを身につけていけるかは転職活動のポイントの1つになると思われます。タイムインターメディアさんにおける入社後のフォローや支援制度などがあればぜひ、ご紹介いただけますでしょうか。

小宮さん

まず、スキルアップのための書籍に関しては技術に関する内容であれば何を買っても良しとしています。購入申請は一応必要ですが、どの書籍を購入するかは個人の裁量に任せているので、直属の上司も何を読んでるか知らないと思います。

編集部

個人を信頼して任せるという、タイムインターメディアさんの姿勢が伺えますね。

小宮さん

書籍購入の制度はもともと、私が自分のために作った制度なんです。技術書は高額なことが多いので個人の負担が大きくなりがちです。そこを会社が負担することで勉強がしやすくなり、結果、その知識が仕事に役立ち、会社に還元されます。

個人がレベルアップをすることで会社の仕事に役に立つ可能性があるのであれば、投資をすべきというのが当時の私の言い分です(笑)。他にも、技術カンファレンスの参加費や交通費、場合によっては宿泊費も会社が負担します。このように、スキルアップや勉強に関して必要な経費は、基本的に全てOKのハンコを押す流れになっています。

別のサポートとしては、システムライフソリューション事業部では​​プログラミング言語「Ruby」を使っているので、Rubyに関する国際カンファレンス「RubyKaigi」に毎年メンバーを送っています。2024年度は5月に沖縄で開催されたのですが、弊社からは5名を派遣しており、交通費や宿泊費の一部は会社が負担しました。

編集部

タイムインターメディアさんの技術力の高さは、スキルアップのために会社が惜しみなく支援をしていることも要因の1つと言えますね。

「面白いことをみんなで話そう」を趣旨とした技術部会

株式会社タイムインターメディアのSlackによる技術部会のスクリーンショット画像

編集部

書籍購入の補助や技術イベントへの参加費用負担の他、スキルアップの観点で支援していることはありますか?

小宮さん

技術部会を定期的に開催しています。若手からベテランまで気になる技術トピックを紹介したり、最近のトレンドについて考えたりする機会を設けています。直近ではソフトウェアにおいて、「ロケール」をテーマに、システムを多言語化する際の考え方などの話をしました。

編集部

技術部会に参加するには一定のスキルが必要なのでしょうか。

小宮さん

難易度に関してはバラバラで、「面白いことをみんなで話そう」という意味合いが強い勉強会となっています。全員が同じ知識を持っている訳でもなく、担当する案件や趣味を通して得られる知識も1人では限界があります。それぞれが少しずつ持ち寄ることで、新しい知識を得たり、より見地を広げることができます。

株式会社タイムインターメディアの技術部会のスクリーンショット画像
▲技術部会では趣味の話が話題にのぼることも

小宮さん

そのため、技術部会と銘打ってはいますが、知識の共有やそれを話の種にして、ワイワイやろうよというのが趣旨としてはあります。

9割の社員がリモートワークを導入。個人の裁量に任せた勤務形態

編集部

続いて、ワークライフバランスについて伺います。タイムインターメディアさんでは現在、8割から9割の方がリモートワークで勤務されていると伺っております。勤務時間、勤務体系含めて、ワークスタイルはどのようになっているのでしょう。具体的な働き方のモデルケースと合わせてお聞かせいただけますでしょうか。

上田さん

当社の場合、エンジニアは裁量労働制となっているので、勤務時間や勤務形態は個人の裁量に任せ、柔軟性を意識した勤務体系を取っています。

そのため、働き方はエンジニアによってまちまちで、朝型の者は朝に集中して仕事をしたり、朝が苦手な者は10時くらいから仕事をスタートしたりしています。また、子育て中の者は子供の保育園の送迎に合わせて仕事を調整しているようです。

小宮さん

私は完全に夜型なので、午前11時頃から仕事を始めることが多いです。日中はメンバーとのミーティングに充て、夜は自分の仕事に充てることもありますが、いま私がサポートしているチームはかなり残業が少ないので、労働時間を8時間とすると11時に作業を開始、1時間の休憩を取って夜8時に作業を終了することが多いです。

月1回の「GoTo Lunch」=出社日でコミュニケーションを図る

株式会社タイムインターメディアのGoTo Lunchの様子

編集部

リモートワークが多い組織の場合、社員間のコミュニケーションが課題になると思われます。タイムインターメディアさんではコミュニケーションはどのように取られているのでしょうか。

上田さん

コミュニケーションの一環としてGoTo Lunchというイベントを開催しています。オフィスに出社し、2名以上で一緒にランチに行くと、1人2,000円まで食事補助が出る内容となっており、月1回のペースで開催しています。

実は今日がGoTo Lunchの日だったので、普段はリモートワークがメインの小宮はランチの企画に参加するために出社したと思われます。

編集部

そうだったんですね!小宮さん、GoTo Lunchには何名で行かれたのですか?

小宮さん

5名のグループでランチに行ったのですが、他のグループも偶然同じ店だったという(笑)。結局10名でランチを楽しみました。

編集部

とても楽しそうな雰囲気がお話からも伝わります。

Slack、Zoomをカジュアルに活用した円滑なコミュニケーション

編集部

GoToランチの他、コミュニケーションにおいて組織内で工夫されていることはありますか?

上田さん

もともとリモートワークを全社的に導入したのは、コロナ禍がきっかけの1つであったとは思うのですが、コロナ禍以前からテキストベースのコミュニケーションとしてSlackを導入しており、社員同士でのコミュニケーションは円滑に図られていたように感じます。

本格的にリモートワークを取り入れてからは会社でZoomを契約し、社内ミーティングの他、お客様との打ち合わせも先方が対応可能であれば、リモートで行うことが多くなりました。

最近はSlackのハドル機能をカジュアルに使って、「ちょっと今確認したいことがあるんだけどハドルできる?」というような感じで、エンジニア同士でやり取りしているシーンも見かけます。われわれ管理本部サイドのメンバーも、「今からハドルで話す?」というように、気軽にコミュニケーションを取っています。

編集部

レスポンスが早いSlackや、顔を見て会話ができるZoomを活用することで、手軽にコミュニケーションを取られているのですね。

全社員が参加する年2回の社内イベント。有志が集まってゲームを楽しむことも

株式会社タイムインターメディアの暑気払いイベントの様子

編集部

タイムインターメディアさんは社内イベントも多く開催されていると伺っております。こちらについてもお聞かせいただけますでしょうか。

上田さん

会社としては暑気払いと忘年会を開催しています。そのタイミングで全社的な社内パーティーを行っており、会社の近くのイタリアンレストランや宴会場を貸し切って、立食式でみんなで食事をしながらおしゃべりを楽しんでいます。普段、リモートワークで仕事をしている者が多いので、久しぶりに顔を見て会話ができる機会を定期的に設けるようにしています。

株式会社タイムインターメディアの技術者ブログ表彰式の様子

社内イベントは広報が中心となって、忘年会のクイズ大会や、所属部署対抗のクイズ大会を企画しています。Slackで参加者を募り、有志が集まって会社でピザなどの軽食を食べながら、就業後にゲームを楽しむこともあります。

編集部

多彩な社内イベントを通して社内の雰囲気が良い方に変わったと感じることはありますか?

上田さん

コミュニケーションが取りやすくなってきたっていうのは実感としてあります。初めて会うメンバー同士でも、イベントを通して会話が弾み、顔馴染みが増え、チャットもやりやすくなりました。

エンジニアに働くことを楽しいと思ってもらえる会社に

株式会社タイムインターメディアの上田汐莉さんの旅行風景
▲上田さんが同僚と北海道に行ったときの1枚。有休が取得しやすいのも同社の特徴

編集部

これまでのお話から、タイムインターメディアさんはエンジニアに寄り添った企業であることが伺えます。人事部の上田さんは会社の経営方針や人材育成について耳にする機会もあると思われます。代表の言葉など、ご紹介いただけるエピソードがあればぜひ、お聞きしたいです。

上田さん

社長の大矢自身もエンジニア出身の当社は、幹部層も技術者が多い組織です。そのため、エンジニア目線で物事を考えるカルチャーが根付いており、エンジニアが働きやすい環境づくりや制度づくりに積極的に取り組んでいます。

「どうすれば会社のことをもっと好きになってくれるのかな」ということを大矢が時折つぶやいており、事実、私が先日、「2024年のタイムインターメディアってどんな会社になっていきますか?」と尋ねると、「エンジニアたちにもっと働くことを楽しいと思ってもらえる会社にしたい」という答えが返ってきました。

編集部

エンジニアを志望する人にとって、心に響く素敵なエピソードですね。ありがとうございます。

技術が好き、技術を楽しめる方を歓迎

株式会社タイムインターメディアの社員集合写真

編集部

最後に、タイムインターメディアさんが採用で重視されていることや、求める人物像についてお聞かせください。

小宮さん

当社は採用の基準が明確にはありません。そうした中、採用に至ったメンバーを見ると、技術が好きなメンバー、技術を楽しんでいるメンバーが多いと感じます。

持っている技術を使って仕事を楽しむことを目指していますので、プログラムを書くことが楽しい方、システム開発を楽しめる方とぜひ、一緒に仕事がしたいですね。

上田さん

先ほど紹介した代表の大矢の言葉からもわかるように、当社はエンジニアのことが大好きな会社です。また、さまざまなイベントを通し、エンジニア同士が仲良く成長していける環境です。当社の制度を使って成長したいと思っていただける方にジョインいただければ幸いです。

編集部

タイムインターメディアさんが、社員の皆様を大切にしている組織であることがよくわかるインタビューとなりました。本日はありがとうございました。

■取材協力
株式会社タイムインターメディア:https://www.timedia.co.jp/
採用ページ:https://www.timedia.co.jp/recruit/