サッカーで地域を豊かに。スポーツXは社員の意欲で躍進する

サッカーで地域を豊かに。スポーツXは社員の意欲で躍進する(求職者向け)

独自の企業文化を持ち、新時代の事業に挑戦する会社を紹介するこの企画。今回は、プロサッカークラブやサッカースクールを運営するスポーツX株式会社を取材しました。

スポーツX株式会社とは

スポーツX株式会社は、関西サッカーリーグの1部に参加する「おこしやす京都AC」といったプロサッカークラブを運営する子会社を傘下に持ちます。各地の子会社同士は連携を図りながら、地域にとってのハブやインフラのような存在になることを目指し、地域貢献活動も積極的に行っています。

会社名 スポーツX株式会社
所在地 京都府京都市
事業内容 ・Jリーグクラブのインキュベーション
・プロクラブ経営のプラットフォーム
設立 2017年10月
公式ページ https://sportsx.jp/

今回は、そんなスポーツX株式会社経営企画部の中田彩仁さんに、スポーツを通して地域に密着しながら成長してきた経緯や、個人の活躍を後押しするカルチャーなどについてお話を聞かせていただきました。

本日お話を伺った方
スポーツX株式会社経営企画部の中田彩仁さん

スポーツX株式会社
経営企画部

中田 彩仁さん

各地でサッカークラブを運営。地域が求める存在を目指す

スポーツX株式会社が目指す未来
▲プロサッカークラブ経営などを通して、日本、そして世界を豊かにしていくことを目指している(採用資料から引用)

編集部

まず最初に、スポーツXさんの事業内容についてお聞かせいただけますでしょうか?

中田さん

スポーツXは、日本中・世界中に数多くのプロスポーツクラブを作り、スポーツの力を通して地域に貢献する“社会インフラ企業”を目指しています。現在、京都と仙台、広島の福山、岡山の倉敷、長崎の5つの拠点があります。

京都の拠点にある子会社は「おこしやす京都AC」といい、同名のサッカークラブを運営しています。私はそこで、人材開発や地域連携事業を担う事業部部長を務めています。

元々は、スポーツX代表取締役の小山淳が、地元の藤枝市で「藤枝MYFC」を設立し(現在J2)、創業会社としては史上最速となる立ち上げから5年でのJリーグ昇格を達成しました。そこで、プロサッカークラブの一つの経営モデルを作り上げました。

その後、小山と中心だったメンバーが京都市で立ち上げたのがスポーツXです。藤枝MYFCのように地域に必要とされ、地域を豊かにしていくクラブを日本中、世界中につくっていきたいという思いを持っています。

編集部

世界中ということですが、スポーツXさんはグローバルな展開もされているのでしょうか?

中田さん

スポーツXのグループ会社に、「スクールパートナー」というキッズスポーツスクールを展開している会社があり、日本と世界を合わせて約1.9万人の生徒さんがいます。

ベトナムでは現在約4千人の子どもたちに通っていただいており、ベトナム国内No.1のスクールにまで成長しています。また、シンガポールでも600人程の子どもたちに通っていただいており、将来的にはプロサッカークラブ事業とシナジーを利かせながら展開していきたいと考えています。

過去には、スポーツXおよびスクールパートナーで培ったノウハウをミャンマー国内の選手育成・強化に浸透させていくことを目指し、ミャンマーナショナルリーグとの合弁会社を設立しました(現在は、政変の影響もあり中断中)。

スポーツXとミャンマーナショナルリーグとの合弁会社設立合意の様子
▲スポーツXとミャンマーナショナルリーグとの合弁会社設立合意の様子

編集部

近年はテクノロジーを活用するスポーツクラブもあるようですが、そのような取り組みもしているのでしょうか?

中田さん

仙台拠点では、中心街から車で45分ほどのところにあります大郷町という自治体にて、約55haの敷地面積を活用した「農業×スポーツ」一体型教育施設の開発を検討しております。

サッカー場12面に加えて宿泊施設を整備し、スポーツ合宿大会・企業研修・修学旅行を中心に全国や世界中から人を集め、またアカデミーを中心とした教育事業も実施する計画です。海外の先進的なアカデミーのように撮影したピッチ上の映像をすぐに確認し、子どもたち同士でプレーについてディスカッションしたり、個人のパフォーマンスや健康データを取って科学的に成長プランを検討するなど、テクノロジーを駆使して選手達の成長を最大化できる環境を実現したいと考えています。

また、大郷町は農業が基幹産業のため、地域の方々と連携しながら農業にも携わり、人手不足・後継者不足といった農業界の課題解決にも取り組んでいく計画をしております。若い選手たちが農作業を協力するだけでなく、敷地内にはAI・IoTの力を活用したスマート農業を展開する企業を誘致したいと考えています。

編集部

サッカークラブを基点に、グローバルな展開や最新の技術を取り入れながら、多角的に事業を展開しているのですね。

ビジョンへの共感で、クラブ創設に異例の11億円を調達

スポーツXの福山拠点にあるツネイシフィールド
▲スポーツXの福山拠点にあるツネイシフィールド

編集部

スポーツXさんは、資本金として11億円以上を調達しています。それほどまでの金額を準備できた背景についてお聞かせくださいますか?

中田さん

スポーツXの事業やビジョン、未来に期待をいただいた結果だと思っています。ありがたいことに、純粋なスポーツクラブ経営を主軸とする企業としては、なかなか他に類を見ない額だと認識しています。

株主さんの中には、将来的に「自分のサッカークラブを持ちたい」という方もおりますが、Jリーグ元チェアマンの村井満さんも「通常の企業経営とクラブ経営でいうと、クラブ経営の難易度の方が高い」とおっしゃっているように、なかなか難しい故に、その思いを私たちに託していただけているのではないかと考えています。

プロサッカークラブ経営が難しい理由としては、ステークホルダーが行政や地域に根ざした企業など多岐にわたる中、そういった方々と良好な関係を築くには専門的な知見が必要になるからです。そんな中、藤枝MYFCなどでのスポーツXの実績を信頼し、自らの思いを託してくださった方も多かったのではないかと思います。

編集部

ノウハウや実績が認められたからこそ、それだけ多くの資本金が集まったのですね。冒頭にもおっしゃっていた経営モデルとは、どのようなものでしょうか?

中田さん

我々のクラブ経営の基盤には、トップチーム、スクールアカデミーの運営と、キャンプ事業と呼んでいる合宿・大会事業があります。この3つの事業がそれぞれ連動しています。

たとえば福山の拠点では、そのベースとなる事業を進めています。創業120年の歴史を持つ地元のツネイシグループ様が地域の子どもたちのためにサッカースクールアカデミーを開かれており、サッカーフィールド3面と600人程が収容可能な宿泊施設を運営されていました。

そのような中で「スポーツ事業の専門家に任せたい」とスポーツXにお声がけいただき、一緒に合弁事業をやらせていただくことになりました。

スクールアカデミーを事業として育てつつ、他地域からチームを招いた大会も開催し、宿泊施設を利用してもらう活用を促しました。将来的にトップチームを設立できれば、トップチームの練習でフィールドの稼働率を上げ、選手たちにスクールアカデミーのコーチや宿泊施設の仕事をしてもらうことも可能です。人材的な好循環につながるというわけです。

また、選手のような若い世代が地域に集まれば、地域活性化の面でもプラスになります。単一拠点ではなく、そういったノウハウを国内外に横断的に広げていくことが、単一のクラブではできない、我々だからこそできる取り組みだと考えています。

編集部

スポーツXさんとしての事業が広がれば広がるほど、その拠点同士で相乗効果が期待できそうですね。

若手転職者が前職の知識を生かしスポーツ業界へ

編集部

スポーツXにお勤めになっている社員の方は、どのような経歴を持っているのでしょうか?

中田さん

現在中心となっているのは、藤枝時代からのメンバーもおりますし、中途組では比較的大きな企業に勤めていた者が、20代中盤から後半にかけてスポーツXに転職し、前職で培った専門的知見を生かして業務に取り組んでいます。

スポーツ業界は、元選手や現場で働いていた方がそのままフロントスタッフになるケースが多いです。もちろんその良さもありますが、ビジネス的な前提や知見にギャップがある場合も多いと聞きます。私も元々コンサルティング会社に4年半勤めていて、2年前に転職をしてきたのですが、スポーツの現場では属人的になっている業務が多いと感じました。

編集部

属人的な業務を改善したとは、具体的にどのようなことに取り組んだのでしょうか?

中田さん

例えば、私の前職時代はイベントや業務ごとに「誰が、いつ、何をする」という役割分担や業務定義を明確にして進めていくことが当たり前でした。ただ、一概には言えませんがスポーツの現場ですと、口頭での確認だけになっていることが多くありました。

それだと、仕事中に認識のずれが生まれたり作業に時間がかかったりしますし、誰かが抜けてしまうと、業務が可視化されていないのでその引継ぎにさらに膨大な時間がかかってしまいます。チーム内でのコミュニケーションは大切にしつつも、できるだけ業務を可視化・標準化し、付加価値の高い業務により時間を使えるよう心掛けてきました。

魅力は事業のダイナミズム。各拠点の連携力は唯一無二

事務所での社員プレーヤーとのミーティングの様子
▲社員プレーヤーを交えたミーティングの様子

編集部

スポーツXさんに集まる人材は、どのような業界から来ているのでしょうか?

中田さん

福山の事業責任者を務めている社員の前職は、私と同じコンサルティングです。仙台の事業責任者は伊藤忠商事さんから、スポーツXに転職してきています。人によっては、正直なところ給料が下がることを受け入れて転職しているのですが、それぐらいスポーツXの魅力を感じ、覚悟を決めて入社しています。

そういった個々の熱意は、資金調達や成長につながっている部分だと感じますが、一方で、スポーツビジネスがまだ十分に産業化されていない中で、私たちとしても一刻も早く事業を成長させ、給与水準も含めてより魅力的な業界にしていきたいと思っています。

編集部

有望な若い方が、スポーツXさんに入社したいと思えるのは何故でしょうか?

中田さん

スポーツXだからこそできることがあるからだと思います。いろいろな拠点が連携してダイナミックな事業に取り組みつつ、地域に必要とされる存在になるための挑戦ができる会社は、他にはなかなかないと思います。

編集部

スポーツXさんの各拠点では、社員として働きながらプレーする現役選手もいるそうですね。

中田さん

「社員プレーヤー」と呼んでいるのですが、午前中にサッカーの練習をして、午後はクラブの業務をこなしています。サッカーと仕事、両方ともしっかり取り組むことで、人間的な成長を経て、結果的にサッカー・仕事ともに高いパフォーマンスを実現すると考えていますし、その結果、仮にサッカーを引退した後も、社会の様々な領域で活躍できる人材になってくれると思います。

藤枝MYFC時代に、そのロールモデルのような選手がいました。彼はサッカーの強豪大学を卒業後、スクールパートナーでサッカースクールの先生として就職する予定だったのですが、社員プレーヤーとして 「藤枝MYFCでJリーグ昇格を目指す」と決意し、サッカーも仕事も全力で取り組みました。

仕事にしっかりと取り組むことで、サッカー面でもメンタリティが安定し、結果的にはチームとともにJリーグへ昇格したんです。7年間の現役時代を通して、キャプテン・レギュラーのサイドバックとして通算148試合出場・11得点という実績も残しました。そして引退後である現在は、シンガポールのスクール事業の拠点リーダーを務めています。

編集部

さまざまなバックボーンを持った方と、多様なキャリアパスが存在しているのですね。

根底には「原因自分論」。外部の環境より自分にフォーカス

2022シーズン、おこしやす京都ACでガーナ人監督の通訳を務める中田さん(左)
▲おこしやす京都ACでガーナ人監督の通訳を務める中田さん(左)

編集部

新型コロナウイルスの流行により、プロスポーツの観客数が低迷するなど大変な時期があったと思います。その苦境を、スポーツXさんはどのように乗り越えたのでしょうか?

中田さん

スポーツXが大事にしている「原因自分論」という考え方があります。問題が起きた時に周りの人や環境のせいにするのではなくて、「自分にできることはなかったか」「自分に原因がなかったか」と振り返り、次のアクションを検討します。そういった外部の変化に対して、自分たちのできることにフォーカスする文化は、組織に根付いています。

例えば、高橋というスポーツXの執行役員は、1日3人以上の経営者に会うことを12年間続けて、現在では1.4万人程の経営者ネットワークを構築しています。コロナ禍では対面での商談がストップしましたが、「ならばオンラインで」と1日に10件近い商談をこなしていたようです。

編集部

すごい行動力ですね。中田さんの入社時はコロナ禍の真っ只中だったと思いますが、先行きが見通せない中、何故入社を決めたのでしょうか?

中田さん

私は大学院でスポーツ社会学を専攻し、その後、コンサルティング会社に入社しました。スポーツビジネスには将来的に関わりたかったのですが、大学院を卒業した時点で自分の武器がないと感じていました。そこで、まずはビジネスについてしっかり学び、経験を積んだ上で、スポーツビジネス業界に入りたいと思ったんです。

実際にスポーツXの社員5名と面接を重ねる中で、人柄や雰囲気から「この人たちと一緒に働きたい」と純粋に感じたことも決断の要因です。最後に代表の小山とも面談したのですが、その強烈なビジョンと想いに共感したので、迷いはありませんでした。

個人の特性を見極め、成長するためのミッションを課す

2022シーズン、おこしやす京都ACでガーナ人監督の通訳を務める中田さん(右)
▲おこしやす京都ACでガーナ人監督の通訳を務める中田さん(右)

編集部

スポーツXさんの社員の中には、スポーツクラブの運営についての専門性はない中で入社した方もいるのではないかと思うのですが、どのように成長してきたのでしょうか?

中田さん

代表の小山がよく口にするのは「山にはいろんな登り方がある」という言葉です。今、おこしやす京都ACの代表を務めている添田隆司は、東大を卒業した2人目のJリーガーとして藤枝MYFCでプレーをしていましたが、経営側からクラブを支えることを決意し、25歳でおこしやす京都ACの代表に就きました。

当然営業未経験からのスタートで、最初はかなり苦戦したと聞きました。ただ、まずは徹底的に場数を踏み、その中から添田の強みである分析力・探求力を駆使して「何がうまくいって、何がうまくいかなかったのか」という検証を繰り返すことで、結果として営業未経験から4年で約1億円を着金するまでに成長したと聞いています。

編集部

中田さんの場合はいかがでしたでしょうか?

中田さん

私の場合は、多様な人材をマネジメントすることをミッションに様々な経験をさせてもらっていると感じています。2022シーズンはおこしやす京都ACでガーナ人監督の通訳と同時に、選手全体をマネジメントする現場責任者の立場をも担い、選手の心理を把握しながらマネジメントする方法を学ばせてもらっていました。

代表の小山も、個人の強みや特性を生かしながら、中長期的なキャリアの筋道を見通した上で人材を配置しています。個人が持つ能力よりも難易度の高いミッションを与えてもらっている分、120%どころか、200%、300%増しで成長できる環境だと感じます。

同時に失敗した時のフォローアップもあるため、安心して挑戦もできます。私の場合は、週1回のペースで小山に2〜3時間ほど1on1で面談をしてもらいました。

編集部

じっくりと時間をかけた面談ですね。小山さんからは具体的に、どのようなアドバイスがあったのでしょうか?

中田さん

先ほどのガーナ人監督の通訳としての話ですが、自分はすごく頑張っているつもりなのに、その熱意が監督にはなかなか伝わらず、チームをうまくまとめられていないと感じるようなことがあったため、そのことについて小山とディスカッションをしました。

小山は、監督も自分には想像もし得ない不安や苦悩を抱えているかもしれないということを、1on1を通して伝えてくれました。逆に「もし自分がガーナにいて、日本人1人でガーナ人の選手達を相手にクラブの監督を務めていたなら」という視点を持つことで、文化や言語も違う環境でマネジメントしていくことの大変さや、相手の立場を想像する大切さに気付かされました。

編集部

代表による丁寧で手厚いサポート体制があるのですね。また、コーチングの内容に「原因自分論」の考え方も反映されていると感じます。

求めるのは物事に必死に打ち込んだ経験のある人材

おこしやす京都ACの地域訪問でのパートナーシップ契約締結の様子
▲おこしやす京都ACの地域訪問でのパートナーシップ契約締結の様子

編集部

スポーツXさんには、どのような気質の社員さんが多いのですか?

中田さん

スポーツをはじめ、何かに必死で打ち込んできた経験がある社員が多い印象はあります。何か一つを突き詰めて頑張った経験から、仕事でも貪欲に努力する姿勢が自然とつくられていると思います。成長意欲があり、自分がアップデートされていく感覚を楽しんでいるように見えます。

編集部

社内はどのような雰囲気なのでしょうか?

中田さん

同じ職場にいる社員プレーヤーは、オフィスにエネルギーや賑やかさをもたらしてくれています。クラブの活動や試合の開催を伝える地域訪問活動では、選手ならではの愛嬌や人懐っこさを発揮していますね。

マネジメント層は、淡々と仕事に取り組む時もあれば、盛り上がる場面では盛り上がっていて、メリハリのある人たちが多いです。

素直に前向きに、地域・社会へ貢献できる人材へ

事務所での社員プレーヤーとのミーティングの様子

編集部

最後になりますが、スポーツXさんに貢献できる人材は、どのような方になりますか?

中田さん

私の場合は、スポーツを通じて社会を少しでも豊かにしたいという思いを持っています。同じように、社会に貢献したい思いのある方であれば、壁に直面しても乗り越えられるのではないかと思います。

スポーツビジネス業界では即戦力を求める傾向がありますが、私はそれよりも、先ほど申し上げたように何かに打ち込んだ経験が大事だと感じます。その経験を応用すれば、新しい環境でも貪欲にキャッチアップして頑張れると思うからです。

編集部

選手のように、競技に注力してきた方も活躍できるのでしょうか?

中田さん

例えば、元社員プレーヤーで、高校を卒業してJリーガーになり、キャリアの終盤でおこしやす京都ACに入団した選手がいました。それまでサッカー一筋の人生だったので、当然ビジネス経験もない中でしたが、愚直に仕事に食らいついていた様子がとても印象に残っています。

地域訪問では、毎日20件、30件と地域のお店や企業をまわり、クラブの紹介やポスターを掲載いただき、その中から実際にパートナー企業としてクラブを応援していただけるようなご縁をいただくこともできました。訪問先とも親しい関係性を築いていて、地域の方々から惜しまれながら引退しました。

彼の場合、その時自分にできることを愚直にやっていったことが、仕事での成果につながったのだと思いますし、これは社員プレーヤーに限った話ではありません。未経験の領域でも、目の前のことを素直に、前向きに取り組めるかというのは、組織全体としても非常に大切にしている価値観です。

編集部

その社員プレーヤーだった方は今、どうしているのでしょうか?

中田さん

地域訪問での働きぶりも評価され、大変ありがたいことに地域のパートナー企業様に就職が決まりました。セカンドキャリアにスムーズに移行できた例だと思います。

会社としては、例えば選手引退後、クラブ経営者やトレーナー、指導者など、様々なセカンドキャリアを実現できる環境を整えたいと考えています。スポーツXの拠点を含め、自分の持ち味を発揮し、社会に貢献できるフィールドを選べるようなエコシステムを整えることが理想ですね。

編集部

自社の損得だけでなく、社員の人生に配慮した思いが根底にあるのですね。スポーツを通じて社会を良くしていきたいという思いが強く伝わってきました。本日はありがとうございました。

■取材協力
スポーツX株式会社:https://sportsx.jp/
採用ページ:https://sportsx.jp/recruit/